利便性が優れている土地を選んで投資マンションを購入しよう

メンズ

長期的な視野での経営

物件

安定的な投資先

多くの投資家が所有する投資マンションのような不動産投資では投資資金を借り入れることができるため、手持ちの現金がなくても投資できるので人気があります。最終的に投資マンションそのものが資産として残されますので、資金調達が可能なのです。最近のトレンドとしては、資金を借り入れて購入するケースが多くなっています。金銭による投資の場合、担保としてとれるものが何もありませんし、場合によっては資産が何も残りません。その点、投資マンションであれば資産が残されるのでメリットがあると言えます。不動産投資ローンにおける金利は、低金利政策の影響を受けて下がっていますが、賃貸マンションの家賃は変わりません。そのため、ローンを借り入れてでも投資マンションを購入すれば利益が生じます。

空室リスクの予測

投資マンションを担保として資金となるローンを借りて事業を行うことはできますが、空室になった場合のリスクについては予測しておかなければなりません。借入金の返済ができなくなってしまっては投資どころではありません。そうならないためにも、ある程度の資金の余裕をみておくことが重要です。不動産投資を行う場合に収支計画を立てることになりますが、長期的な視点に立って経営が行き詰ることがないようにしなければなりません。空室対策を速やかに講じるとともに、ある程度の空室期間が生じても借入金の返済が滞りなくできるようにすることが大切です。このことは、空室対策として追加出資や家賃の引き下げを行う場合にも注意しなければなりません。

Copyright© 2016 利便性が優れている土地を選んで投資マンションを購入しようAll Rights Reserved.